読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬で勝つ!〜毎月プラスを出す馬券術〜

軸馬と穴馬を上手く組み合わせて競馬に勝つためのブログ

ユニコーンステークスの予想考察

こんばんは!
本日は川崎競馬で東京オークスでしたが、みなさんいかがでしたでしょうか。
私は下記予想でしたが、かすって終了でした。。。泣
◎タイニーダンサー
◯ブライトリビング
▲アルセナーレ
△ミスミランダー
△ワカチナ

三連単を購入しておりましたが、ミスミランダー2着のため外しました。。。
この悔しさはユニコーンステークスで晴らします。

 

本題に入る前に告知させてください。
本日よりTwitterにて予想アカウントを開始いたしました!!

アカウント名はTeamGrazie(@TeamGrazie)です。

Twitterを介して出会った5名で結成しました。
今後厳選したレースの予想配信をしていきますのでよろしくお願いいたします!

本日アルーアキャロルの回避が発表され、ちょっと残念ですが豪華メンバーが集結したレースなので非常に楽しみです。
では、本題のユニコーンステークスの考察をいつもの視点から分析していきます。

(データはいつものKLAN使用します)

枠順f:id:keibanotameno:20160615220133p:plain

東京ダートは基本的に外枠有利ですが、当レースも例外なく外枠有利なレース。1枠に至っては一度も馬券に絡んでない死の枠ですね。ただ、大外は一度も勝ち馬が出ておらず、連対まで。軸は基本的に中枠が良さそうです。

脚質f:id:keibanotameno:20160615220951p:plain

東京1600ダートは逃げ・先行馬が有利(複勝率 逃げ・先行42.7%:差し・追込38.5%)ですが、当レースは逃げ馬からの勝ち馬は0、差し・追い込みが決まりやすいレースです。理由はおそらくラップでしょう。詳細はラップの項目で書きます。

血統f:id:keibanotameno:20160615222116p:plain

ダート戦をあまり血統で見ないのですが、パッと見でミスプロ系が多いですね。その中でも注目すべきはノーザンダンサー系のダンチヒヴァイスリージェントストームキャットなどのスピード系血統の好走が目立ちますね。今回の有力馬にはミスプロ系とヴァイスリージェント系が多いので素直に人気馬から入っても良さそうです。

前走レースf:id:keibanotameno:20160615223232p:plain

やはり青竜ステークス組は強いですね。今回はアルーアキャロルが回避したのでグレンツェントが有力でしょうか。ヴェゼール、ダノンフェイス等も出走予定ではありますが、力及ばずといったところです。地方・海外勢は主に兵庫チャンピオンシップからの出走です。(海外はUAEダービーですが今回該当馬はおりません。)兵庫チャンピオンシップからは2着ゴールドドリーム。前走はケイティブレイブの7馬身差の圧勝でしたが完全前残りの馬場で展開と馬場に恵まれなかったので参考外としても良いかもしれません。

ラップf:id:keibanotameno:20160615224233p:plain

基本的にハイペースになりやすいレース。東京1600(良馬場)の3歳500万下の平均タイムは1分38秒前後、3歳OP・重賞では1分37秒戦半、当レースは1分36秒半ばです。近年は良馬場ではなく鞘重〜重馬場もあり、1分36秒と平均より約1-2秒早いペース。このラップも相まって、基本的に逃げ馬には展開不向きなレースです。1000m(3-4コーナー)で一度息が入り、ラスト2ハロンで最速になるイメージです。そのため、勝ち馬は3-4コーナーからペースを上げて長く脚の使える馬が有力となるでしょう。基本的に後半は失速傾向にあるので、しっかり道中で脚を溜めて直線で長く脚を使える馬を狙っていきたいですね。

 

今回は近年稀に見るハイレベルレースで出走しない3歳馬を見ても史上最高レベルのダート馬が揃った世代です。ここは各レースでの横の比較が非常に大事になってくると思いますので出走馬が確定した段階で比較をしたいと思います。

 

 

馬券を買う時の降級馬の扱い方〜ダート編〜

こんばんは!
昨日と今日は川崎遠征しておりましたが、散々な結果に・・・
地方競馬はダートグレードだけに控え、中央競馬へ専念したいと思います。。。

 

今週は非常に楽しみなレース、3歳ダート短距離戦G3ユニコーンSがあります!
今年の3歳ダート馬は近年稀に見るハイレベルで当レースも豪華メンバーが揃い、今から非常に楽しみなレースです!!こちらの考察記事は一両日中にまとめますので、もう少々お待ちください。

 

そんなハイレベルの3歳馬ですが、この時期はクラス編成のため4歳の降級馬と戦わないといけない時期です。先日のレースを振り返っても、マイティティやクロフネビームス、ブラゾンドゥリスなど出走した降級馬は後続に数馬身差をつけて圧勝してます。結果から分かるように元々500万下を勝ち上がって1000万下、1600万下にいてもおかしくない馬なので飛ぶことはほぼ考えにくいです。

じゃあ、降級馬だけで馬券を構成しておけば勝てるのか?となりますが、決してそういうわけではないです!
ブラゾンドゥリスの2着には0.2馬身差でベストマッチョ、マイティティは2馬身差でナオミベガス、クロフネビームスは5馬身差でフィビュラと3歳馬の善戦もみられます!

そんな中でも日曜東京7Rサトノスピードオー、阪神12Rセネッティなど3歳馬が勝つレースを見ることができ、改めて3歳馬のレベルの高さを実感した日でもありました。

 

ということで、降級馬が参戦するレースでの馬券の買い方ですが、今は素直に降級馬を軸に買いましょう。。
この時期の降級馬はやはり素直に強いです。もちろん、3歳馬も強いですが、やはり1年の経験の差は勝負の世界では大きな差となります。

 

ただ、降級馬ということは、どこかしらに勝てない理由があるのも事実。今のレースの中でも勝てない降級馬はちらほらいますので、時が経つにつれて勝てない降級馬が残り、降級馬といった理由で人気になる時期がやってきます。
その時はしっかり見極めて切って妙味な降級馬の取捨選択をして、高配当馬券を狙いましょう!!

 

そして、今の時期にすぐ活用できる馬券の買い方のもう一つのポイントがあります。
それは降級馬と3歳馬の組み合わせ馬券です。
上記にも降級馬の勝ち馬を挙げましたが、降級馬の2着には力のある3歳馬が入線しております。もちろん、勝ち馬以外にも複数の降級馬がいる中での2着です。

配当妙味はありませんが、鉄板の組み合わせなので「馬連・ワイドを厚めに購入」「三連複2頭軸に穴馬に流す」など買い方次第ではしっかり資金を増やすことができます。
(※芝は芝は展開次第で降級馬が馬券に絡まないことも多々ありますので、これはダートのみでの活用に留めておいてください。)

 

馬券に絡む馬がわかっても買い方次第では天と地の差が出ますので、うまくこの組み合わせを活用して、がっつり馬券を的中させてください!!!

週末の馬場予想

こんにちは!
久々の投稿になりました・・・すみません。今週は東京ダービーでしたが、久々の高配当の的中をできました!

◎バルダッサーレー(3番人気)☆プレイザゲーム(14番人気)の馬連で33万の払い戻し!

プレイザゲームはTwitterで予想チームを作ったのですが、そのメンバーの一人のパドックくんのパドック推薦でした!本当にパドックくんの馬を見る力はすごいです!!!

 

今週末より予想チームも本格始動し、厳選レースをTwitterで配信していきますので、ぜひお楽しみを!!一部のフォロワーさんからは最強チームでは??というお声も頂いておりますので頑張ります!

 

では、先週の結果から今週の馬場予想を行いたいと思います。
先週の結果は雨だったので参考になるかは微妙ですが...

東京f:id:keibanotameno:20160610171705p:plain

<芝Cコース>
ダービー週にB→Cコースに変わり、今週で3週目。日曜日は雨の影響もあり前半はコースの中程がよく伸びており差しが決まることが多かったですが、午後は日が差してきたためインが有利な馬場に変化。東京は排水溝の関係で内から乾くため、圧倒的にイン有利です。今週は両日共に晴れの予想なので通常の馬場に戻り、イン有利な馬場になるでしょう。

<ダート>
日曜日はノーブルサンズを除いてすべて1番人気が勝ってますね。基本は逃げ・先行馬有利な馬場のようですが、おそらく雨の影響だと思います。先々週までは上がり最速馬の差しがバシバシ決まってましたので今週末は両馬場で差しが決まるはずです。ただ、確信は持てないので明日の午前中は様子見が良さそうです。

 

阪神f:id:keibanotameno:20160610172937p:plain

<芝Aコース
阪神も雨の影響で重〜鞘重の馬場でしたの参考外で土曜日の結果を。土曜日の鳴尾記念ではレコードタイムが出るほど、阪神芝コースは高速馬場化しておりました。高速馬場の場合、上がり最速馬が馬券によく絡んできますが、最高峰からの追い込みはなかなか決まりにくいので要注意です。基本的には内で脚をためれる馬が良いです!

<ダート>
先週も書きましたが、京都と阪神のダートコースは全くの別物。京都でバンバン差しが決まってましたが、阪神では決まりにくく先行。逃げ馬が圧倒的に有利。と、いうのも阪神ダートはスタート直後とゴール手前で坂があるため全体的にスローペースになり、最終直線も上がりはあまり速くならない。京都で逃げ切れなかった馬を狙っていくと面白い結果になるかもしれないです!

 

重賞の予想は明日時間があれば、こちらでご紹介します!!

 

 

先週の回顧〜悔しい結果に終わった安田記念〜

こんばんは!

先週は阪神競馬の開幕週でもあり、G1連続開催の締めくくりの安田記念でした。

日曜日は久方ぶりに現地観戦しましたが、やはり競馬は現地で観戦してこそですね!

ただ、楽しすぎて終始かかり気味で馬券で暴走する始末...

24レース購入も的中は4レースのみ。その内、買い目内に3頭いたレースは12/24レース・・・しかも、8番人気以下は8頭も馬券内にいました。。。

先週の回顧記事で馬券の買い方について書いたばかりなのに猛反省です...。

 

さて、安田記念ですが、見事に不的中でした。

予想の印は下記です。

リアルスティール
◯モーリス
ロゴタイプ
フィエロ
サトノアラジン
ディサイファ
×ダノンシャーク
×イスラボニータ

逃げ馬のいない少数頭レースであった今回の安田記念

番手で競馬をしてきたロゴタイプがハナを切ってレースを運び、その後ろにクラレントレッドアリオンロサギガンティアがつけ、中団にモーリス、リアルスティールディサイファ、後方にサトノアラジンダノンシャークが追走する展開と予想してました。

しかし、レースが始まってみればロゴタイプがハナを切るまでは良かったのですが、2番手にモーリス、3番手にリアルスティールがつけるレース展開。1000m59.1秒とスローペースで流れ、ほとんど一団のまま最終直線で加速力勝負となり、ロゴタイプの逃げ切り勝ち。

馬場コンディションは良馬場となってますが、前日の雨の影響で若干渋っており、時計がかかる馬場。最終直線の加速力勝負ではあったが、ポジションが明暗を分けたといってもおかしくないレース結果でした。

ロゴタイプの勝因】
田辺騎手の戦略勝ちでしょう。予想通りハナでスローペースの展開をつくり、最後はラチ沿いで直線一気。東京競馬場は排水溝の関係で馬場は内から乾くためインが伸び、中〜外は乾ききっていなく伸びづらい馬場だったと思います。それを見越してなのか、終始しっかりラチ沿いを走り続けた田辺騎手は見事として言えないです。

 

【本命リアルスティールの敗因】
あとからパドックを見ましたが、チャカチャカしており落ち着きがなかったですね。レースもスタート直後から行きたがり最終コーナー3番手で直線に出るも全く伸びずずるずる11着。海外帰り+距離短縮で不安要素もありましたが、追い切りタイムは抜群だったので信じ切ってしまいました。。。

 

【1番人気モーリスの敗因】
明らかにローテーションが原因ですね。香港から帰国するも当日まで一ヶ月間、東京競馬場で着地検疫をしながらの調整。調教タイムも良くなかったです。レースはかかりっぱなしで終始番手で追走。道中で体力を消費し直線では伸びず2着。あの状態で2着入線はやはり、世界のモーリスのポテンシャルでしょう。次走、万全な状態でのモーリスの走りを見てみたいですね。

【その他】

サトノアラジン
馬群に飲み込まれ、進路を遮られたため前に出たくも出れなかった。外に出していれば2着には入っていたかもしれないです。

フィエロ
最後の直線で外に出しての追い込みがサトノアラジンとの着差の要因でしょう。

 

【次走の狙い馬】

特になし・・・

 

【個人的な反省】

パドックを見ず、自分の予想を信じ切っていた
・展開を予想の軸に置かなかった
・抑え馬券を購入しなかった


実際の購入馬券ですが、いつもは馬連、ワイドを中心にボーナス馬券として三連複と三連単を購入するのですが、三連複と三連単のみ。抑え馬券も同じ軸馬から流すという失態。抑えは相手から流すのですが、なぜか相手を切って本命から買う始末・・・。どうしようもないほど愚かでした。。。三連複の相手をロゴタイプフィエロで買っているので本来の買い目であれば◯モーリスから買ってるはずなので万馬券的中でした。

 

平場も同じく、穴馬の激走を見抜くも終日上記のような買い方をしたレースが多く、物の見事に美味しいレースを全部こぼしました・・・。

来週も現地に行くので、今回の反省をしっかり活かしたいと思います。

 

Twitterでアンケートを取りましたが、おそらく「人気馬と軸馬の取捨選択のポイント」になると思います。記事をまとめるのに時間がかかるので今週どこかでしっかりまとめて掲載します。

 

今回選ばれませんでしたが、2番目に投票がありました新馬戦に関することを少しだけ。

新馬戦のポイントは3つ


外厩
天下のノーザンだけあって、ノーザン経由の新馬の成績は圧倒的に良いです。特にノーザンF天栄。また、新馬戦でよく見る外厩先としてエスティF小見川を見かけますのでこの2つの外厩には注目です。

・厩舎
上記を見る限り、ノーザンファームは圧倒的成績ですね。。。穴馬としては、新馬戦でしか出てこないブリーズアップ組は抑えで買っておくと良いかもしれないです。

・血統
今後ディープ産駒やキンカメ産駒などの良血馬が出てくると思いますし、強いのは当たり前でしょ、となるのでここでは触れません。ここで推したいのはトーセンファントム産駒。仕上がりが早く新馬戦では好走する馬が多いです。今回も東京5Rでトーセンミネルバが4番人気で出走し1着となってますので、今後も注目の産駒です。

 

また、時間があったらまとめて記事にしたいと思います。特に外厩情報はそんなに出回らないので要望があれば前日にでもまとめてオススメ馬として挙げたいと思います。

 

先週の回顧〜感動の東京優駿〜

おはようございます!

先週末は東京優駿でしたが、その振り返りは後半で・・・

 

ちょっと個人的な話になるのですが、毎月最終週の開催は翌月の馬券の方針に向けた実験的買い方を試してます。

今まで何度か馬券の買い方に関する記事を書いてきましたが、馬券の買い方は意外と盲点で多くの人が血統や調教などの予想ファクターに目が行きがち。。。ただ、この馬が好走しそう!と分かったところで馬券の買い方を間違えてしまえば配当は0になってしまいます...時間がある時にまた馬券に関する記事は書いていきます!
(参考までに過去記事のリンク貼っておきます)

馬券の買い方講座〜本命馬券と抑え馬券〜 - 競馬で勝つ!〜毎月プラスを出す馬券術〜
馬券の買い方講座Ⅱ〜合成オッズと的中率〜 - 競馬で勝つ!〜毎月プラスを出す馬券術〜

土曜日は馬連本線にボーナス馬券で三連複(オッズが低い時は三連単)または抑えでワイド
日曜日は単勝・ワイド本線にボーナス馬券で馬連・三連複
の買い方をしてみました。

個人的には日曜日の東京1R 14スモモチャンの激走を単勝ズバリ的中できたので、単勝にハマりそうです!

f:id:keibanotameno:20160531100540p:plain

このレースは単勝のみで相手を間違えその他の馬券は全滅..それでも回収率400%オーバーなのでまずまず。

次の2Rは10マックール本命も単勝は外しましたが、ワイドとボーナス三連複で的中で回収率420%とここもまずまず。

f:id:keibanotameno:20160531100906p:plain

このように馬券の組み合わせ方次第で本命が外れても、抑えと運が良ければボーナス馬券も的中することもあるので、馬券の買い方は本当に大事だと思います!

逆に1着に来ると予想した馬の単勝が1~3倍くらいだと、的中した場合のオッズが低く、外した時のリスクが高いので2,3着に来る馬をワイド本線、馬連または三連複をボーナス馬券として購入するのがオススメです!

土曜日の京都11Rでその買い方がハマりました!!

f:id:keibanotameno:20160531102407p:plain

6番人気と10番人気のワイドが60倍もつき、回収率1200%と高配当ワイドが運良くはまったレースです。意外とワイドはオッズ妙味が少なく嫌う人が多いように見受けられますが、購入すべきタイミングさえ間違えなければ高めの回収率で当てることも可能です!ちなみに同日の東京11Rもワイドで的中し、450%の回収でした。

f:id:keibanotameno:20160531102755p:plain

馬券は追求すればするほど奥が深く面白いので、ぜひ皆さんも研究してみてください!

6月は単勝・ワイドを本線として狙っていきたいと思います!

 

それでは、東京優駿の回顧に入ります。

東京芝はダービー週からBコース→Cコースに変わり、イン有利で立ち回り力が求められる馬場になります。そのため、前週オークスの差し馬有利とは全く異なる展開となってきます。この日も時計が速く高速馬場化しており、立ち回り力と加速力が求められる馬場でした。

レースの展開は予想通り、マイネルハニーがハナを切り主導権を握り、その後ろからプロフェットとアグネスフォルテが追走し、この3頭が後続を3,4馬身離してレースを引っ張っていきます。皐月賞の3頭はやや中段より前の位置で待機、リオンディーズは打って変わって後方で待機することに。

f:id:keibanotameno:20160531223529p:plain

ラップは1000m60.0秒と馬場を考えると、スローペース。1400mを過ぎたあたり(ラスト1000m)付近より、マイネルハニーが早めにペースを上げるも、後続勢も一気にペースアップ。最終コーナー入り口付近では先行勢のリードもほぼなく、一団での追い比べになり、加速力勝負となった。

 

ここまでは予想通りでしたが、結果は予想通りにはいきませんでした・・・それが競馬の醍醐味でもあり、難しいところですね。

東京優駿の予想は下記のとおりです。

サトノダイヤモンド
リオンディーズ
エアスピネル
マカヒキ
マウントロブソン

誤算は4つ

①川田Jの絶妙な騎乗
ディーマジェスティのポテンシャルの読み違い
③ミルコのちぐはぐな騎乗
④本命サトノダイヤモンドの落鉄

①については、皐月賞と同じ2枠からのスタートのため、内で揉まれることを回避するために最後方からのレース運びと予想してましたが、ダービーではそれでは届かないことを川田は把握しており、中団より前目の好位置で最終直線。ここまでスムーズに運べれれば、切れ味鋭い末脚を持った当馬の良さが存分に発揮でした結果。

②ディープ×母ブライアンズタイム(ロベルト)は切れ味ある末脚ではなく、じわじわと伸びタイプで長く使える脚が特徴。今回はスローペースからの加速力勝負と踏んでいただけに最後の直線では切れ負けし、3着以下と予想するも、マカヒキと同じ上がり33.3の上がり2位の末脚で3着入線。

③ミルコは騎乗停止明けからリズムを崩したのか、中央競馬では3勝のみで全て平場レース。(地方重賞で1着1回)当レースでもスタート後のポジション争いに負け後方から。サトノダイヤモンドマカヒキより後ろで勝負しては勝てるレースも勝てない。血統では東京2400に一番最適な血統で本命最有力だったのですが、鞍上不安のため対抗に落としました。最後の直線では、上がり最速の33.2で一番伸びていただけに非常に悔やまれる結果でした。

サトノダイヤモンドも本当に不運で、向こう正面でまさかの落鉄...。最終直線では一度外にいたディーマジェスティーを抑えに行ったあとにマカヒキに迫り、最後まで競り合った結果のハナ差2着。非常に自在性に優れた馬でポテンシャルを改めて再認識できたレースでした。落鉄をしてなければ・・・と思いたいですが、結果が全てですからね。泣

 

単穴エアスピネル武豊の100%の騎乗で残り200mではこのまま勝つのでは?と思いたくなるレース運びでしたが、生まれた年が悪かったのかポテンシャルでは上位3頭には勝てませんでした。血統的にも2400mは長かったと思いますし、適正は1800-2000mくらいかと思います。

抑えマウントロブソンはスタートの出遅れが大きな敗因ですね。当馬もディーマジェスティと同じく切れる脚はなく、しぶとく前で粘るタイプなので後ろからのレース運びでは厳しい展開になってしまいます。スタートがスムーズでエアスピネルと同位置でレースを運べていたら掲示板には間違いなく入っていたと思います。

もう一頭の人気馬ヴァンキッシュランですが、青葉賞を見てわかる通り一定のハイペースで長く脚を使えるレースこそポテンシャルを最大限に発揮できるのでここでは出番なしでした。狙い目は菊花賞だと思っておりますので、秋に期待したいですね!

 

今週末はG1連続開催の最終、安田記念

おそらくモーリスが1倍台のオッズで圧倒的1番人気だと思いますが、あまり状態は良くないようです。

f:id:keibanotameno:20160531232012p:plain

f:id:keibanotameno:20160531232016p:plain

また、安田記念はすごく特殊なマイルレースで特有のラップを刻みます。同じマイルG1と比較すると一目でわかるように途中一息をつく間もなく終始一定のペースで流れるレース。加速力だけでは勝てないため、マイルレースでの結果だけで判断するのは危険です。

安田記念の考察記事は木曜日あたりに更新します。

明日は地方ダートグレードのさきたま杯かしわ記念2着のソルテを筆頭に豪華メンバーが集まり、非常に楽しみなレースです!!予想はおそらくtwitterでつぶやきますので、よかったら見てください。

また、今週末からメイクデビューが始まり、各社でPOG登録も始まりました!今年は初出資馬のデビューの年でもあるので2歳馬戦は注目です!!

 

目黒記念の考察予想

おはようございます!

昨日、ダービーの枠順が確定しましたね!1枠1番にディーマジェスティ&蛯名が入り、遂に蛯名が悲願のダービー制覇!と、巷ではすごく盛り上がっているみたいです!展開だけで考えると、頭としては選びにくい馬のため正直悩ましいところです。。。

といっても、ダービーは予想終わりましたので当日のメルマガで配信いたします!!

 

さて、ダービーは大荒れはなさそうなので、(上位混戦ではありますが、下位との差が大きすぎます。。)大荒れ必至な目黒記念の予想をします!
大学の恩師が出資しているマリアライトが出走するので、是が非でも応援したいのですが、今回は難しいかと思っていて複雑な気持ちです...。牝馬で馬券に絡んだのは0過去10年で0

枠順f:id:keibanotameno:20160526234748p:plain

ダービー週からCコースに変更となり、再び立ち回り力が勝負の分かれ目になってきます。ダービーにしても、上記目黒記念を見ても、明らかに内枠有利。内で脚をしっかり溜めれる馬を見極めましょう。

脚質f:id:keibanotameno:20160526235400p:plain

ちょっとびっくりしましたが、過去5年間のレースで逃げ馬は一回も馬券に絡んでません。。ここは人気馬に関しては抑え程度で止めておくのが無難そうです。また、先行・差し馬が好成績です。ただ、過去レース結果を見る限り最終コーナーで10番以内の馬が掲示板に絡むことが多く、それ以降の番手は難しそうです。(もちろん12,13番手くらいからの勝ちもありますのただ過去レースだけを見て切るのはNGです。)

血統

f:id:keibanotameno:20160527000928p:plain

東京2500mということもあり、やはりSS系×ノーザンダンサー系と血統がメインでキンカメ系がわずかに対抗しているかな?というところですね。ダービーと同コース+100mのレースですが、スタート直後に上り坂があり、ゴール手前の直線で再度上り坂を駆け上がる必要があります。坂を2回上がってもバテないスタミナ力がある馬が良いので、母父ニジンスキー系、リファール系、ViceRegent系のスタミナ血統が好走します。

ラップf:id:keibanotameno:20160527080710p:plain

上述の通り、スタート直後に上り坂があるため、極端に早いペースになることもなく、また、道中で中緩みすることもないある一定のペースで流れるラップ構成になっている。直近5年で見ると、2012年のみ中盤で13秒前半を出しているが、基本的には11秒後半から12秒半ばと平均ペース。当日の馬場が高速馬場化していてもそこまでハイペースにならないので当レースの特徴。最後の仕掛けのタイミングはラスト4-6ハロンあたりから。そのため、上がり3ハロンで極端なスピードを求められることもなく、ギアチェンジも必要ないので長く末脚を使えることが求められるレース。

前走レースf:id:keibanotameno:20160527081516p:plain

意外にも天皇賞(春)組の成績が思わしくなく、大阪-ハンブルクC(OP戦)や新潟大賞典(G3)との相性が良いレースです。1000万下や1600万下からの格上挑戦馬も好走するレースでもあるので前走レースで格下と見限ることは要注意です。

ただ、今回はマリアライトタッチングスピーチとG1級馬がいるのでこの馬たちの取捨が大きな肝となりそうです。

本日、枠順も確定しますので夜にでもしっかり予想したいと思います。

ダービー2016予想考察

こんばんは!

いよいよ、待ちに待ったダービー週です!!今年は類を見ない豪華メンバーが揃いました!展開ひとつで大きく結果が変わりそうなレースなので、しっかり分析していきたいと思います。

時間があれば出走馬を一頭ずつ分析したいと思います!(ロンドンからの帰りの飛行機で疲れて爆睡してなければ、、、)

 

まずは枠順から。
今回もKLANさんのデータを活用していきます!

枠順f:id:keibanotameno:20160524195311p:plain

何度かtwitterやこのブログでも話してますが、先週のオークスとダービーは同じ東京2400mを走りますが、全く別物と思ってください!!!オークスをひきずってしまうと痛い目見ます...笑

ざっくり違いを話すとこのような感じです。

オークス=ポテンシャル勝負

ダービー=立ち回り勝負

枠順別成績を見れば一目でわかりますが、圧倒的に内枠有利です。

==============================
内枠[3-2-3-31]
勝率7.7% 連対率12.8% 複勝率20.5%
外枠[2-3-2-43]
勝率4.0% 連対率10.0% 複勝率14.0%
==============================

特に8枠に入った馬は直近5年では馬券に全く絡んでいないので本命馬には選びづらい傾向です。。。

脚質f:id:keibanotameno:20160524200633p:plain

圧倒的に差し馬が好成績で、次いで先行・追込馬で逃げ馬は3着に1頭入線といった結果ですが、追い込み馬の1着は2013年のキズナなので、基本的には追込馬は抑えまでで良いと思います。

また、差し馬に関しては最終コーナー7番手までが入線しており、それ以降の番手になってしまっては馬券内に絡んでくることはほぼないです。例外は2011年のオルフェーブルですが、この馬もレジェンド級の馬です。。。笑

今回は全体的にレベルが高い馬が揃っているため、ひとつのミスで着順が大きく変わってくると思います。なので、立ち回り力があり内でしっかり脚を溜めれる馬が良いでしょう。自在性が一番高く安定しているのはサトノダイヤモンドでしょうか。

 

前走レースf:id:keibanotameno:20160524202653p:plain

当たり前と言えば当たり前ですが、3着以内の大半は皐月賞出走馬。過去5年では連対しなかったレースは0。ただ、前走からの乗り替わりとなった馬の好走率は一気に下がってしまうので嫌って良いと思います。気になるのは青葉賞組。出走馬が少ないということもありますが、青葉賞で勝った馬の好走率は高く、オッズ妙味もありますのでしっかり馬券内で抑えたいですね。

血統f:id:keibanotameno:20160524203258p:plain

サンデーサイレンス系が圧倒的多数を占めており、わずかに対抗しているのはキンカメ系とノーザンダンサー系。今回の人気馬はSS系かキンカメ系になるので人気馬は逆らうことはできなさそうです。

ラップf:id:keibanotameno:20160524204320p:plain

今回はマイネルハニーがハナを切って、その後ろにアジュールローズが追走する形で隊列が決まり縦長の展開で、ある程度流れるレース展開になると思います。過去レースで言うと、昨年2015年のラップと同じような刻み方が近いかもしれません。人気馬たちが差し・追い込み馬なので最後の直線でのキレ勝負になることが予想されます。
あくまでも現段階の予想なので当日の馬場次第で大きく展開は変わると思います。

 

netkeibaの予想オッズを見てみたいと思います!

f:id:keibanotameno:20160524205844p:plain

上位3頭はわずかにマカヒキが頭抜けたオッズで皐月賞1-3着で固まり、リオンディーズスマートオーディンヴァンキッシュランエアスピネル・・という順。実際のオッズはスマートオーディンが2番人気、サトノダイヤモンドが3番人気となっているかな、と思います。

 

今年のダービーの予想のポイントは3つ!

①上位3頭+リオンディーズ+エアスピネルの取捨

②当日の馬場傾向

③展開読み

特に②と③で大きく結果が異なってきますので、どのようなラップを刻むかが一番キモだと思います!スローペースで最後の直線でキレ勝負になるか、前半ハイペースとなり後半は時計が掛かる持続力勝負となるか。

ただ、どちらにしても内で息を入れることができ脚を溜めれる馬が勝つと思います。ほとんどの馬にとって初の2400mという長距離レース、3-4コーナーにかけての下り坂から坂を駆け上がる最終直線。スタミナだけでもスピードだけでもなく立ち回り力も含めた総合力が求められるレースです。

 

3歳約6000頭の頂点に立つ馬はどの馬か!
非常に楽しみなレースです!!!