読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬で勝つ!〜毎月プラスを出す馬券術〜

軸馬と穴馬を上手く組み合わせて競馬に勝つためのブログ

先週の回顧〜感動の東京優駿〜

おはようございます!

先週末は東京優駿でしたが、その振り返りは後半で・・・

 

ちょっと個人的な話になるのですが、毎月最終週の開催は翌月の馬券の方針に向けた実験的買い方を試してます。

今まで何度か馬券の買い方に関する記事を書いてきましたが、馬券の買い方は意外と盲点で多くの人が血統や調教などの予想ファクターに目が行きがち。。。ただ、この馬が好走しそう!と分かったところで馬券の買い方を間違えてしまえば配当は0になってしまいます...時間がある時にまた馬券に関する記事は書いていきます!
(参考までに過去記事のリンク貼っておきます)

馬券の買い方講座〜本命馬券と抑え馬券〜 - 競馬で勝つ!〜毎月プラスを出す馬券術〜
馬券の買い方講座Ⅱ〜合成オッズと的中率〜 - 競馬で勝つ!〜毎月プラスを出す馬券術〜

土曜日は馬連本線にボーナス馬券で三連複(オッズが低い時は三連単)または抑えでワイド
日曜日は単勝・ワイド本線にボーナス馬券で馬連・三連複
の買い方をしてみました。

個人的には日曜日の東京1R 14スモモチャンの激走を単勝ズバリ的中できたので、単勝にハマりそうです!

f:id:keibanotameno:20160531100540p:plain

このレースは単勝のみで相手を間違えその他の馬券は全滅..それでも回収率400%オーバーなのでまずまず。

次の2Rは10マックール本命も単勝は外しましたが、ワイドとボーナス三連複で的中で回収率420%とここもまずまず。

f:id:keibanotameno:20160531100906p:plain

このように馬券の組み合わせ方次第で本命が外れても、抑えと運が良ければボーナス馬券も的中することもあるので、馬券の買い方は本当に大事だと思います!

逆に1着に来ると予想した馬の単勝が1~3倍くらいだと、的中した場合のオッズが低く、外した時のリスクが高いので2,3着に来る馬をワイド本線、馬連または三連複をボーナス馬券として購入するのがオススメです!

土曜日の京都11Rでその買い方がハマりました!!

f:id:keibanotameno:20160531102407p:plain

6番人気と10番人気のワイドが60倍もつき、回収率1200%と高配当ワイドが運良くはまったレースです。意外とワイドはオッズ妙味が少なく嫌う人が多いように見受けられますが、購入すべきタイミングさえ間違えなければ高めの回収率で当てることも可能です!ちなみに同日の東京11Rもワイドで的中し、450%の回収でした。

f:id:keibanotameno:20160531102755p:plain

馬券は追求すればするほど奥が深く面白いので、ぜひ皆さんも研究してみてください!

6月は単勝・ワイドを本線として狙っていきたいと思います!

 

それでは、東京優駿の回顧に入ります。

東京芝はダービー週からBコース→Cコースに変わり、イン有利で立ち回り力が求められる馬場になります。そのため、前週オークスの差し馬有利とは全く異なる展開となってきます。この日も時計が速く高速馬場化しており、立ち回り力と加速力が求められる馬場でした。

レースの展開は予想通り、マイネルハニーがハナを切り主導権を握り、その後ろからプロフェットとアグネスフォルテが追走し、この3頭が後続を3,4馬身離してレースを引っ張っていきます。皐月賞の3頭はやや中段より前の位置で待機、リオンディーズは打って変わって後方で待機することに。

f:id:keibanotameno:20160531223529p:plain

ラップは1000m60.0秒と馬場を考えると、スローペース。1400mを過ぎたあたり(ラスト1000m)付近より、マイネルハニーが早めにペースを上げるも、後続勢も一気にペースアップ。最終コーナー入り口付近では先行勢のリードもほぼなく、一団での追い比べになり、加速力勝負となった。

 

ここまでは予想通りでしたが、結果は予想通りにはいきませんでした・・・それが競馬の醍醐味でもあり、難しいところですね。

東京優駿の予想は下記のとおりです。

サトノダイヤモンド
リオンディーズ
エアスピネル
マカヒキ
マウントロブソン

誤算は4つ

①川田Jの絶妙な騎乗
ディーマジェスティのポテンシャルの読み違い
③ミルコのちぐはぐな騎乗
④本命サトノダイヤモンドの落鉄

①については、皐月賞と同じ2枠からのスタートのため、内で揉まれることを回避するために最後方からのレース運びと予想してましたが、ダービーではそれでは届かないことを川田は把握しており、中団より前目の好位置で最終直線。ここまでスムーズに運べれれば、切れ味鋭い末脚を持った当馬の良さが存分に発揮でした結果。

②ディープ×母ブライアンズタイム(ロベルト)は切れ味ある末脚ではなく、じわじわと伸びタイプで長く使える脚が特徴。今回はスローペースからの加速力勝負と踏んでいただけに最後の直線では切れ負けし、3着以下と予想するも、マカヒキと同じ上がり33.3の上がり2位の末脚で3着入線。

③ミルコは騎乗停止明けからリズムを崩したのか、中央競馬では3勝のみで全て平場レース。(地方重賞で1着1回)当レースでもスタート後のポジション争いに負け後方から。サトノダイヤモンドマカヒキより後ろで勝負しては勝てるレースも勝てない。血統では東京2400に一番最適な血統で本命最有力だったのですが、鞍上不安のため対抗に落としました。最後の直線では、上がり最速の33.2で一番伸びていただけに非常に悔やまれる結果でした。

サトノダイヤモンドも本当に不運で、向こう正面でまさかの落鉄...。最終直線では一度外にいたディーマジェスティーを抑えに行ったあとにマカヒキに迫り、最後まで競り合った結果のハナ差2着。非常に自在性に優れた馬でポテンシャルを改めて再認識できたレースでした。落鉄をしてなければ・・・と思いたいですが、結果が全てですからね。泣

 

単穴エアスピネル武豊の100%の騎乗で残り200mではこのまま勝つのでは?と思いたくなるレース運びでしたが、生まれた年が悪かったのかポテンシャルでは上位3頭には勝てませんでした。血統的にも2400mは長かったと思いますし、適正は1800-2000mくらいかと思います。

抑えマウントロブソンはスタートの出遅れが大きな敗因ですね。当馬もディーマジェスティと同じく切れる脚はなく、しぶとく前で粘るタイプなので後ろからのレース運びでは厳しい展開になってしまいます。スタートがスムーズでエアスピネルと同位置でレースを運べていたら掲示板には間違いなく入っていたと思います。

もう一頭の人気馬ヴァンキッシュランですが、青葉賞を見てわかる通り一定のハイペースで長く脚を使えるレースこそポテンシャルを最大限に発揮できるのでここでは出番なしでした。狙い目は菊花賞だと思っておりますので、秋に期待したいですね!

 

今週末はG1連続開催の最終、安田記念

おそらくモーリスが1倍台のオッズで圧倒的1番人気だと思いますが、あまり状態は良くないようです。

f:id:keibanotameno:20160531232012p:plain

f:id:keibanotameno:20160531232016p:plain

また、安田記念はすごく特殊なマイルレースで特有のラップを刻みます。同じマイルG1と比較すると一目でわかるように途中一息をつく間もなく終始一定のペースで流れるレース。加速力だけでは勝てないため、マイルレースでの結果だけで判断するのは危険です。

安田記念の考察記事は木曜日あたりに更新します。

明日は地方ダートグレードのさきたま杯かしわ記念2着のソルテを筆頭に豪華メンバーが集まり、非常に楽しみなレースです!!予想はおそらくtwitterでつぶやきますので、よかったら見てください。

また、今週末からメイクデビューが始まり、各社でPOG登録も始まりました!今年は初出資馬のデビューの年でもあるので2歳馬戦は注目です!!